3.17 sat「地図と写真と旅」by 戸田晃さん



3月17日のマルヒノトークは「地図と写真と旅」について。 日替わりマスターは、一級建築士・インテリアコ-デネ-タ- 戸田晃さんです! 戸田晃  (一級建築士・インテリアコ-デネ-タ-) 1959年 東京・八王子生まれ 都立武蔵野技術専門校 建築設計科卒業 1993年事務所設立。 2002年に現在の戸田晃建築設計事務所に改称、現在に至る。 1997年~町田・デザイン専門学校非常勤講師 著書に戸田家の一年を写真とエッセイで綴った本、「住みこみ」/ラトルズ刊がある。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

<マルヒノトーク レポート>

本日のゲストは、建築士の戸田晃さん。

テーマである「旅」は、いつもご自身の人生の転機になっていたといいます。

浪人時代を過ごし、同級生が就職し始めたころ、進路について考えながら。

そして行く道を決断し、建築を学び就職し数年間働き、独立する前に。

そんなタイミングで、バックパックを背負って、数週間から数ヶ月を旅してきたそうです。

まずは黒板に白地図を描いていただきました!

戸田さんは、小学生の頃から日本地図を書くのが得意だそうですが、中国地方だけはあやふや...

このあたりは旅をしたことがないのかも?笑


インドを旅したときには、生死を近くに感じる出来事があったそうです。

ガンジス川では、上流からは燃やされた死体が流され、下流では祈りを捧げる人々がいました。

「帰る日は決まっていない。行きと帰りの航空券だけを取って、あとはあてもなく。

だけど、帰るために旅に出る。」


参加者の方から、高尾ビールの差し入れをいただきました!


そして、皆さんにも、旅したことのある場所を書いていただきました。


旅は旅行と違う、という言葉が印象的でした。

旅の中での経験は、ツアー旅行の中で手に入れるお土産や写真と違って、考え方や自分の人生そのものに影響を与えるのですね。

#イベント #旅

©2020 マルヒノ